コハルアン日乗

コハルアン店主の私的記録|器と工藝のこと|神楽坂のこと

進むこと

f:id:utsuwa-koharuan:20190814153821j:plain


いまどきの作り手は大変だな、と思います。

本当はロングセラー的に同じテイストの作品を長く売っていけることが理想だと思うけれど、今の時代、それはなかなか難しいですからね。
世間のスピードに合わせて新作をどんどん世に出してゆかないといけないような状況は、作り手にとって大きな負担になっているように思います。

そう考えていくと、ここ数年のお付き合いになる張り子作家・前田ビバリーさんはすごい。
展示ごとに、必ず新しいチャレンジをしてくるんですよ。
張り子ならではの制作上の制約はありつつも、造形や着彩など、毎回毎回工夫を重ねた形跡が見て取れて、感心してしまいます。


毎年恒例になった感があるけれど、この夏も、8/16からビバリーさんの新作展がスタート。

DM撮影用にいただいた作品を見る限り、今回は素地にひと手間加えて、変化球を投げてくるもよう。
ビバリーさんならではのかわいらしい造形はそのままに、またひとつ進んだ新しい世界を見せてくれるのではないか、と思います。

まだまだ暑い日が続きますが、ぜひたくさんのみなさんに見ていただきたい展示です。
8月後半は営業日程がイレギュラーになりますので、コチラ を確認していただいてからお越しくださいませ。



前田ビバリー 個展 8/16-9/1 https://www.room-j.jp/gallery/2019/08/816.php
コハルアン オフィシャルページ https://www.room-j.jp