コハルアン日乗

コハルアン店主の私的記録|器と工藝のこと|神楽坂のこと

赤絵と筍

f:id:utsuwa-koharuan:20200331163019j:plain


3月ももう終わり。いわゆるひとつの年度末。
世の中大変な状況になってしまい、これから予想もしなかった事態がやってくることも予想されますね。

そんなときだからこそ、どんより気分を吹き飛ばし、おだやかな気持ちで季節を楽しんでみたいもの。
この間の休みの日には、若竹煮を作り、晴れやかな印象の赤絵小鉢に盛ってみました。

うーん、なかなかいい感じ、と思ったら、木の芽を忘れた!
画竜点晴を欠く、というかなんというか、春らしい色を添え忘れて、地味~な見た目になってしまいました。どこか抜けてるワタクシ。


そういえば。

ちょっと前に、友人のフードコーディネーター・タカハシさんが、「煮物の味付けに砂糖は使わない方がいいよ、みりんの甘みだけで十分だよ」というアドバイスを授けてくれたので、最近は煮物に砂糖を使わないようになりました。

規定の量よりちょっと薄めにした白だしとみりんとほんの少しの天然塩。
季節のものって、味付けをシンプルにすればするほど、自然の味がより引き立って美味しくいただけるものですね。



宮田竜司 赤絵八角鉢 小(L130×W115×H38) 3850円


コハルアン オフィシャルページ https://www.room-j.jp
企画展「妄想ANTIQUE」 3/13-4/2 https://www.room-j.jp/gallery/2020/02/313antique-1.php