コハルアン日乗

コハルアン店主の私的記録|器と工藝のこと|神楽坂のこと

新しい年

f:id:utsuwa-koharuan:20210103220829j:plain


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


本当は昨年のうちに、コロナ禍で明け暮れた一年の想いをまとめてみようと考えていたのですが、結局果たせず。
まだ危機は続いていて……というか年末には第三波が襲ってきて、むしろその危機が深まっている中で総括するのもどうかと思い、そのままズルズルと一年を終えてしまいました。
ただやはり、新しい年に向けて、心の区切りはつけておきたいもの。

今年の抱負とかはさておき、少なくとも、あの状況下で店の応援をしてくれた方々には、やはりきちんと気持ちを伝えなければいけないなあ、と。
そう思い直しつつ、いま、キーボードをたたいているところです。

お店にとって昨年の大きな出来事といえば、やはり、4月5月の営業自粛→6月の営業再開→営業日数&営業時間の削減。
それぞれの流れについては、案外スパッと決断してしまった僕ですが、一方では、こんな判断をしてしまって本当にやっていけるんだろうか、という一抹の不安もあり。
ただ、この不安は杞憂に終わりました。悪い結果に至らなかったのはもちろん、100%お客さまの力のおかげ。そのベースには代官山時代から続けてきたお客さまとの心の交流の歴史があったわけで、十年以上にわたる時間の重みを実感することになりました。
こうやって今もお店を続けていられることについて、お客さまには本当に感謝の言葉もありません。


さて、2021年は、どんな年になるでしょう?

上でも述べた通り、この状況はまだ続いてゆくことが想定されます。
僕はコロナ禍の前までは、実店舗での販売(=ローカル性ってやつですか)を重視する「小さな商売」に固執してきたのですが、今後は、昨年試したオンライン展示などを含めた方法も、コハルアンの新しい常態として選択肢のひとつにしてゆこうと思っています。危機の中でもやれることを拾い上げつつ、「手仕事」という媒介を通したお客さまとの交感を続けてゆきたいなあ、と。

しぶとく強く……。
形はどうあれ、今年も美しく楽しい手仕事を伝えてゆきたいと考えています。
2021年もコハルアンをどうぞよろしくお願いたします。



コハルアン オフィシャルページ https://www.room-j.jp