コハルアン日乗

コハルアン店主の私的記録|器と工藝のこと|神楽坂のこと

惜別の念

f:id:utsuwa-koharuan:20210309225147j:plain


何だろう、二年前のあのとき、既に嫌な予感はしていたのかもしれない……。

一昨年のブログで、古巣の恵比寿三越を再訪した話を書いているのですが、その際になんとなーく寂しい印象を受けていたんですよね。
「場」が時とともに姿を変えてゆくのは当然のことなのだけれど、それとは別の空気を感じ取っていたから、ああいう文章を書いてしまったのかもしれないと思います。いま思えば。


とにもかくにも。
ミレニアムをはさんで、遅い青春時代を過ごすことになった恵比寿三越
その店は、2021年2月末をもってその幕を閉じました。


前のブログでも書いたけれど、僕にとっては学び舎のような場所でもあったので、母校が廃校になってしまうような寂しい気持ち。
最終日に訪れると涙腺崩壊する恐れもあろうかと思い、月半ばにひとり、ひっそりとお別れの儀式を決行してきました。

古巣への想いは、前に延々と語っているし、これ以上言葉を重ねるのも野暮というもの。
ここは静かに、ひとつの時代の終焉を見送ろうと思います。
この別れのあとに、また新たな出会いがあると信じて。
さようなら。そして、ありがとう。
                                                                    

コハルアン オフィシャルページ https://www.room-j.jp