コハルアン日乗

コハルアン店主の私的記録|器と工藝のこと|神楽坂のこと

静かに生きる

ずーっと前から、関西方面を旅する時に携行しているのが「Meets」(京阪神エルマガジン社)という町歩きガイドのシリーズ。 そして、こちらの別冊となる「ふだん遣いの神楽坂」という本が、9/18に刊行されました。 タイトルそのままの内容で、気取りはないけ…

上品な青

呉須絵具を使った青い絵付けの器・染付。陶芸の長い歴史の中、この技法は、400年近くも日本の磁器絵付けの王座を守り続けてきました。 この期間、日本人の食生活はかなり変わったはずですが、それでも変わらずに食卓で愛され続けるということは、染付が醸す…

書くお仕事

文章を書くことは、前から嫌いじゃなかったのですが、ここ最近、WEB媒体で文章を書く機会が増えています。二年以上前、「暮らしとおしゃれの編集室」で、朝食にまつわる四回完結の連載コラムの依頼を請けたのがはじまり。 次が、現在進行形の「チルチンびと…

監修する人

ホームページなどで既にアナウンスしているので、今更感はありますが、書籍の監修を担当したことをお知らせしておきますね。 タイトルは、「暮らしの図鑑 うつわ」。四つの器店の監修によってまとめられた本で、コハルの担当パートは「うつわをもっと楽しむ…

ピッチャー

秋田・中嶋窯の中嶋健一さんの手になるピッチャー。ピッチャー(水差し)というのは、民藝界隈でよく見かけるアイテムだと思います。 注ぐ器としてはもちろん、花器としても使いたくなる形状。なにしろ、鳥のような雰囲気が愛らしいですよね。民藝陶器の名工…

はじめてのガラス

お店では、基本的に、ずっと継続して制作をお願いしている作り手が多いのですが、ときには新たな取り組みも必要。 年に数名は、新たな作り手とのお付き合いをはじめています。うちのお店って、神楽坂という立地(いわゆる観光地ってやつですか)にも関わらず…

動物と工藝

日本の器の世界では、長寿を意味する鶴と亀など、加飾に動物のモチーフを用いることが多いような気がします。コハルアンでは、そんな日本ならではの美的感覚を意識して、今月の下旬から「動物と工藝」という展示をおこなう予定。 「動物の姿を器(および工藝…

湯呑のこと

二か月ほど前から執筆を担当しはじめた、WEBサイト「日本の美邸 Japan Quality」の輪番コラム。 毎回、日本の工芸作品をひとつ取り上げ、そのデザインについて書き綴っています。最新の記事では、「湯呑」について書きました。マグに押されて、湯呑が食卓で…

中嶋窯の深皿

先日の秋田出張では、はじめてのお付き合いとなる中嶋窯・中嶋健一さんを訪問。中嶋さんの器については、昨年、はじめて見たときにデジャヴ的な懐かしい感覚があり、「何だろう、この感覚は?」と不思議に思っていました。そのあと、いろいろとやりとりがあ…

思えば遠くへ来たもんだ

定休日を利用して、秋田を旅してきました。秋田は、一度だけ角館を訪ねたことがあるけれど(←武家屋敷見学ね)、出張で行くのははじめて。 昨年の下半期は、うちの店を訪ねてきてくれた渡邊葵さん(角館・白岩焼和兵衛窯)の作品を扱い始め、さらには、これ…

耳を傾ける

深みを湛えるよきたたずまいのムクロジの器。 いま展示しているコウノストモヤさんの木工作品たちの中で、唯一、木の割れをそのまま生かしているのが、このプレートです。 考えてみれば、我々人間だって、ひとりひとり顔も違えば考え方も違うもの。 きれいな…

いい意味で

日本語って、うつろいやすい言語ですよね。 どうにかすると、言葉が持っているニュアンス自体、時代とともにがらっと変わってしまうこともあります。僕の中では、その代表格が「ヤバい」。20世紀には「ヤバい」と言えば、悪い意味合いで使っていたものだけれ…

九谷の香炉

九谷焼の作り手・川合孝知さんとはけっこう長いお付き合い。 これまで食器を中心に作ってもらってきたのですが、川合さんの筆致で描かれた色絵の香炉がほしいなーと思い続けていて、ようやくその願いが叶いました。絵柄は山水画をアレンジしたもので、ぐるり…

奇しき景色

前回、有田の陶山神社の話 でちょっとだけ触れたのが、陶祖・李参平。李が陶祖と呼ばれる所以は、陶工の長として優れていたことに加え、磁器制作を産業として成り立たせるために必要な陶石の採掘場を町内の泉山で発見したから。 それから約400年。いまはここ…

小さきもの

器の仕事を始めた二十年ほど前から、地方に出張に行くたびに買ってしまうのが、ぐい吞みや箸置き、もしくはおてしょ(豆皿)。こうなるともう、ちょっとした癖(へき)。もちろん、お土産として荷物にならないという利点はあるわけですが、それ以上に、小さ…

白と黒と

産休などもあり、取り扱いをお休みしていた川島いずみさんに、久しぶりに飯碗を作ってもらいました。東洋の古陶磁への憧憬が強い作り手で、ここ最近は宋胡録(スンコロク=タイのやきもの)をモチーフにした作品を作っていましたが、川島さんの定番と言えば…

一汁一菜的に 2

昨日から企画展「一汁一菜的な食卓」がはじまりました。 タイトルについては、なぜ「一汁一菜的な食卓」なのか、「一汁一菜の食卓」ではないのか、「的」って何なんだ、おい、なんとか言ってみろよ、という声が聞こえてきそうなので、今日は、そこらへんのお…

一汁一菜的に 1

たぶんこれまでも書いてきたような話。僕は、奇を衒わない食卓というのが好きで、器屋をやっているくせに、家ではそんなに凝った料理は作らないたち。もちろん、栄養のバランスとかは考えるけれど、「紀ノ国屋で高級食材を買ってプロバンス風のオーブン料理…

動と静

ガラス工芸というのは、ふたつの意味で、制作工程と完成形とのギャップが激しい手仕事だな、と思います。そのギャップのひとつは、「熱→冷」。人の手で触れられないほどの熱い塊が、作業の末にひんやりとした印象の作品に変わる。ビフォアアフターの落差、な…

コラム補足

WEBマガジン「チルチンびと広場」に掲載されている僕の連載コラム「コハル・ノート -モノと語る-」が昨日更新されました。小石原焼についてのおはなしの三回目。 福岡県東峰村にある小石原地区は、昨年の九州北部豪雨で大変な被害があった地域。損害を被っ…

ほどよさ

すごーく抽象的な話でわかりにくいかもしれないけれど、器を選ぶとき、「ほどよい」っていったいどういう状態のことを指すんだろう?といつも考えてしまうのですよ。 で、それは「奇を衒わない」とか「中庸」とかいう言葉と同じくらいの温度を持つ状態のこと…

とらわれない

こう見えてわりといい加減な人間なので、世の中のしきたりのようなものはなるべく忌避するタイプ。 常々、そういう形式ばったことから遠いところで生きたいと思っています。とは言いつつ、僕が生息する日本の器の世界にはいろいろな決まり事があるもの。 け…

小さな迷い

福井の作り手・土本訓寛さんの手になる野趣あふれる器。その風合いが僕のツボにはまり、ここ数年、展示や常設で取り扱っています。この器を並べていると、10人に1人くらいの割合で、「あら、備前だわ」とか「ふーん、備前置いてるんだ」という反応をする方に…

スロースターター

僕は、物事に慣れるまですごーく時間がかかるほう。 器の販売に携わるようになってかなり経つのに、いまだに素人風情が抜け切れていないし。オツムが悪いわけじゃないと思うけれど、ぶきっちょなのは確かです。自覚あり。そんな僕ですが、新たにウェブマガジ…

豆皿遊び

このたび、食にまつわる三越伊勢丹のウェブマガジン「FOODIE」で、器についての記事を監修(全三回)。 『初心者の器選びの助けになるような記事を作りたい』という編集者・Sさんの考えに賛同し、企画段階から参加したもので、先日、その初回となる「豆皿編…

木の工房

やきもの以外の工房へ出かけてゆくことは稀な僕ですが、先月は笠間在住の木工作家・コウノストモヤさんの工房を訪問。 大きな家具を制作することも多いため、広々とした空間で、清々しい木の香りに満ちていました。この日は、これから作ってもらう予定の器の…

ごますり

以前、「神楽坂 暮らす。」時代のブログで、小石原の飛びかんなのすり鉢を扱っていることに触れましたが、今日は、その相棒であるすりこぎについての話。 これまでお店ですり鉢は扱っていたものの、すりこぎは扱ってきませんでした。というのも、心動くもの…